「河童のクゥと夏休み」の感想

0 件のコメント :
「河童のクゥと夏休み」を観ました。
ストーリーは面白かったのですが、結構嫌な登場人物が多くてイライラしました。
そういうところは現実に近くしても創作物として面白くなるわけじゃないんだと思いました。
それにしても犬のオッサン、かわいそうでした。

Post-Processing Stackについて勉強しました

0 件のコメント :

前々から気になっていた「Post-Processing Stack」について勉強しました。
Unityでの絵作りが苦手なので、これを機にグラフィックのレベルを上げていきたいです。

「愛する人」の感想

0 件のコメント :
「愛する人」を観ました。
ストーリーはそれなりに面白かったものの全く感動できませんでした。
というのも登場人物たちに全然感情移入できません。
ここらへんは男女で意見が分かれるところだと思います。
でもナオミ・ワッツは美しかったです。
原題は「Mother and Child」らしいのですが、このタイトルの方がしっくりきます。

PlaymakerでUnity UIを使う

0 件のコメント :

PlaymakerでUnity UIを操作する方法を勉強しました。
Unity UIを使うためには下記のサイトからアドオンをインストールする必要があります。

Unity UI - Pkaymaker

「オーケストラ!」の感想

0 件のコメント :
「オーケストラ!」を観ました。
ストーリーは結構面白かったです。特に最後の演奏シーンは鳥肌モノでした。
あとどうしても外せないのはヒロインの「アンヌ=マリー」です。
とにかく美人でセクシーで最高でした。

イメージファイルをBlenderファイルにパックする

0 件のコメント :
Materialで使ったイメージファイルをBlenderファイルにパックする方法を勉強しました。
これをすることでファイルの受け渡しがBlenderファイルのみとなりシンプルになります。

「2001年宇宙の旅」の感想

0 件のコメント :
「2001年宇宙の旅」を観ました。
かなり有名な映画で昔からタイトルだけは知っていたのですが、観たのは初めてでした。
で、感想なのですが、私には難しすぎました。
最初の3分ぐらいの画面真っ暗状態や猿のシーンなどは退屈すぎて、途中で観るのを止めようかと思ったぐらいです。
なぜ名作と言われ続けているのか正直分かりませんでした。

「Asset-Flinger」というアドオンを使ってみた

0 件のコメント :
「Asset-Flinger」というアドオンを使ってみました。
これは前から欲しかった機能で3Dオブジェクトのライブラリを作れるアドオンになります。

「Auto Letterbox」というアセットを使ってみた

0 件のコメント :

画面のアスペクト比を自動で調整してくれるアセットを探していたら、無料で結構良さそうなアセット「Auto Letterbox」を見つけました。

Playmakerを買いました

0 件のコメント :

Unityでビジュアルスクリプティングを使ってみたかったので、「Playmaker」というアセットを購入しました。
他にも色々なアセットがあったのですが、情報量が一番多そうだったので「Playmaker」に決めました。

UnityプロジェクトをGitで管理する

0 件のコメント :

UnityプロジェクトをGitで管理する方法を勉強しました。
これでバージョンアップのチェックも簡単にできるようになりました。

BlenderのアニメーションをUnityに移行する

0 件のコメント :

Blenderでアニメーションを作ってUnityに移行する方法を勉強しました。
やってみると比較的簡単にできました。

BlenderからUnityに3Dモデルを移行する

0 件のコメント :

Blenderで作成した3DモデルをUnityに移行する方法を勉強しました。
モデリングもそこそこできるようになったので、そろそろ3Dのゲームを作りたいです。

「Blendermada」というアドオンを使ってみた

0 件のコメント :
「Blendermada」というアドオンを使ってみました。
このアドオンは一言でいうと、データベースから簡単にMaterialを探して適用できるようになるアドオンです。

TextMesh Proについて勉強しました

0 件のコメント :

「TextMesh Pro」というAssetが無料になったということで勉強してみました。
勉強してみるとかなり使えそうで、今後は必須のAssetになりそうです。

Blender 2.79 RC2をインストールしました

0 件のコメント :

少し前に「Blender 2.79 RC2」が公開されました。
安定版までバージョンアップするのを待つか迷ったのですが、新機能を早く使ってみたかったのでRC2の段階でインストールしてみました。

アプリ開発日記 脱出ゲームGadget Roomをリリースしました

0 件のコメント :

「脱出ゲーム Gadget Room」をリリースしました。
ドローンやプロジェクターといったガジェットがたくさんある部屋から脱出するゲームになります。

「SING」の感想

0 件のコメント :
「SING」を観ました。
この映画はCMで見て以来ずっと楽しみにしていたのですが、ついに観ることができました。
ストーリーは想像通りの内容だったのですが、すごく面白かったです。
あと何と言ってもグラフィックがめちゃくちゃきれいで感動モノです。
こういう映画を観ると3DCGの勉強をもっとしなきゃとやる気がでます。

ホームページを多言語化しました

0 件のコメント :


ホームページ経由で海外からの問い合わせが増えてきたので、ホームページを英語でも表示できるように対応しました。
現在のホームページはWordPressで作成しているので、プラグインの「qTranslate X」を追加するだけで簡単に英語対応できました。

詳細な方法は下記のサイトを参考にしてください。
非常に分かりやすかったです。

プラグインを使ってWordPressサイトを超簡単に多言語化する

これでホームページを多言語化できました。
基本はブラウザの言語によって自動で選択されますが、URLで言語を変更することもできます。

日本のホームページ:http://bonacon.jp/ja/
英語のホームページ:http://bonacon.jp/en/

こんなに簡単に多言語化できるとは思いませんでした。
WordPressを勉強すればもっと格好良いホームページも作ることができそうです。

「アバター」の感想

0 件のコメント :
「アバター」を観ました。
侵略者と原住民の争いというよくあるテーマの映画でした。
公開当時に話題になっていたのですが、登場する生物が可愛くなくて避けていました。
ですが、実際に観てみると映像がきれいで普通に面白かったです。

ああいった3DCGを自分でも作れるようになるとゲームの幅も広がりそうだな。

「50/50 フィフティ・フィフティ」の感想

0 件のコメント :
「50/50 フィフティ・フィフティ」を観ました。
若いうちにガンに冒された青年の闘病生活を淡々と描いた映画でした。
主人公の友人がずぼらで面倒くさそうな感じなのですが、実は一番主人公を心配していそうで良かったです。
こういう親友がいる人生って羨ましい。