Blenderでオブジェクトを拡縮する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを拡縮する方法を説明します。

オブジェクトを拡縮する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「s」でマウスカーソルとともにオブジェクトが拡縮するようになります。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Transform」->「Scale」を選択。

3.「左クリック」でオブジェクトのサイズを確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを拡縮できます。

オブジェクトを各座標軸に沿って拡縮する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「s」を押下した後、回転したい座標軸「x」「y」「z」を押下します。
「x」を押下した場合はx軸、「y」を押下した場合はy軸、「z」を押下した場合はz軸に沿って拡縮するようになります。

3.「左クリック」でオブジェクトのサイズを確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを座標軸に沿って拡縮できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Basic Transformations - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/transform/basic_transform.html

Blenderでオブジェクトを回転する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを回転する方法を説明します。

オブジェクトを回転する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「r」でマウスカーソルとともにオブジェクトが回転するようになります。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Transform」->「Rotate」を選択。

3.「左クリック」で回転位置を確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを回転できます。

オブジェクトを各座標軸に沿って回転する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「r」を押下した後、回転したい座標軸「x」「y」「z」を押下します。
「x」を押下した場合はx軸、「y」を押下した場合はy軸、「z」を押下した場合はz軸に沿って回転するようになります。

3.「左クリック」で回転位置を確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを座標軸に沿って回転できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Basic Transformations - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/transform/basic_transform.html

Blenderでオブジェクトを移動する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを移動する方法を説明します。

オブジェクトを移動する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「g」でマウスカーソルとともにオブジェクトが移動するようになります。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Transform」->「Grab/Move」を選択。

3.「左クリック」で移動場所を確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを移動できます。

オブジェクトを各座標軸に沿って移動する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「g」を押下した後、移動したい座標軸「x」「y」「z」を押下します。
「x」を押下した場合はx軸、「y」を押下した場合はy軸、「z」を押下した場合はz軸に沿って移動するようになります。

3.「左クリック」で移動場所を確定します。
キャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを座標軸に沿って移動できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Basic Transformations - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/transform/basic_transform.html

Blenderでオブジェクトをワイヤーフレームで表示する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトをワイヤーフレームで表示する方法を説明します。

オブジェクトをワイヤーフレームで表示する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「z」でオブジェクトがワイヤーフレームで表示されます。

もしくはヘッダーの「Viewport Shading」->「Wireframe」を選択。

3.元に戻したい場合は、再度ショートカットキー「z」を押下します。

以上でオブジェクトがワイヤーフレームで表示されます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Introduction - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/transform/introduction.html

Blenderで投げ縄選択する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを投げ縄選択(Lasso Select)する方法を説明します。

オブジェクトを投げ縄選択(Lasso Select)する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.「control」キーを押しながら、「左ドラッグ」で投げ縄選択用の点線が表示されます。

3.ドラッグを終了した際に点線内にあるオブジェクトが選択されます。

以上でオブジェクトを投げ縄選択できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Selecting - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/selecting.html

Blenderでオブジェクトを円選択する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを円選択(Circle Select)する方法を説明します。

オブジェクトを円選択(Circle Select)する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「c」で円選択用の円が表示されます。
あるいはヘッダーメニューの「Select」->「Circle Select」を選択。

3.上下にスクロールすると円の大きさが変わります。マウスを移動すると円が移動するので、選択したいオブジェクトが円の中に入っている状態で「左クリック」します。

4.クリックした際に円の中にあるオブジェクトが選択されます。
円選択をキャンセルしたい場合は「右クリック」または「esc」キーを押下します。

以上でオブジェクトを円選択できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Selecting - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/selecting.html

Blenderでオブジェクトを矩形選択する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを矩形選択(Border Select)する方法を説明します。

オブジェクトを矩形選択(Border Select)する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「b」で矩形選択用の点線が表示されます。
あるいはヘッダーメニューの「Select」->「Border Select」を選択。

3.選択したいエリアをドラッグで指定します。

4.ドラッグを終了すると、指定したエリアにあるオブジェクトが選択されます。
短径選択をキャンセルしたい場合は「右クリック」します。

以上でオブジェクトを矩形選択できます。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Selecting - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/selecting.html

Blenderでオブジェクトを選択する

0 件のコメント :
Blenderでオブジェクトを選択する方法を説明します。

オブジェクトを選択する

1.選択したいオブジェクトにマウスカーソルを合わせて、「右クリック」します。

2.選択したオブジェクトがオレンジの線で囲まれます。

以上でオブジェクトが選択されます。

複数オブジェクトを選択する

1.選択したいオブジェクトにマウスカーソルを合わせて、「shift + 右クリック」します。

2.選択したオブジェクトがオレンジの線で囲まれます。この方法で選択したい全てのオブジェクトを選択します。


以上で複数のオブジェクトが選択されます。

重なっているオブジェクトの片方を選択する

1.選択したいオブジェクトにマウスカーソルを合わせて、「alt + 右クリック」します。

2.重なっているオブジェクト名の一覧が表示されるので、選択したいオブジェクトを選択します

3.選択したオブジェクトがオレンジの線で囲まれます。

以上で重なっているオブジェクトの片方が選択されます。

オブジェクトを非選択にする

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。


2.ショートカットキー「a」で選択オブジェクトが非選択になります。
あるいはヘッダーメニューの「Select」->「(De)select All」を選択。

以上でオブジェクトが非選択状態になります。

全オブジェクトを選択する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「a」で全オブジェクトが選択になります。
あるいはヘッダーメニューの「Select」->「(De)select All」を選択。

以上で全オブジェクトが選択状態になります。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Selecting - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/object/selecting.html

Blenderの3Dカーソルを移動する

0 件のコメント :
3Dカーソルは左クリックで位置を指定できますが、それ以外にも指定の場所に移動する方法があります。

3Dカーソルを選択したオブジェクトに移動する

1.3Dカーソルを移動したいオブジェクトを選択します。

2.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

3.ショートカットキー「shift + s」でSnapメニューが表示されるので、「Cursor to Selected」を選択します。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Snap」->「Cursor to Selected」を選択。

4.選択したオブジェクトに3Dカーソルが移動します。

以上で3Dカーソルが選択したオブジェクトに移動します。

3Dカーソルを中心に移動する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「shift + s」でSnapメニューが表示されるので、「Cursor to Center」を選択します。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Snap」->「Cursor to Center」を選択。

3.中心に3Dカーソルが移動します。

以上で3Dカーソルが中心に移動します。

3Dカーソルを一番近いグリッドに移動する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「shift + s」でSnapメニューが表示されるので、「Cursor to Grid」を選択します。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Snap」->「Cursor to Grid」を選択。

3.一番近いグリッドに3Dカーソルが移動します。

以上で3Dカーソルが一番近いグリッドに移動します。

3Dカーソルをアクティブオブジェクトに移動する

選択オブジェクトへの移動との違いは、オブジェクトが選択されていないときには最後に選択したオブジェクトに3Dカーソルが移動することです。

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「shift + s」でSnapメニューが表示されるので、「Cursor to Active」を選択します。
あるいはヘッダーメニューの「Object/Mesh」->「Snap」->「Cursor to Active」を選択。

3.アクティブオブジェクトに3Dカーソルが移動します。

以上で3Dカーソルがアクティブオブジェクトに移動します。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

3D Cursor - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/3d_cursor.html

Blenderのカメラビューを操作する

0 件のコメント :
カメラビューはシーンをレンダリングしたときの表示が確認できるビューになります。

カメラビューを表示する

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「テンキーの0」でカメラビューが表示されます。
あるいはヘッダーメニューの「View」->「Cameras」->「Active Camera」を選択。

以上でカメラビューが表示されます。
表示を戻したい場合は再度ショートカットキー「テンキーの0」を押下します。

カメラビューの視点を現在の3Dビューの視点に合わせる

カメラビューの視点を現在の3Dビューの視点に合わせることができます。

1.3Dビューの視点をカメラビューの視点にしたい位置に移動させます。

2.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

3.ショートカットキー「control + alt + テンキーの0」でカメラビューが現在の3Dビューの視点に移動します。
あるいはヘッダーメニューの「View」->「Align View」->「Align Active Camera to View」を選択。

以上でカメラビューの視点が現在の3Dビューの視点と同じになります。

カメラビューの視点を3Dビューの視点と同じように操作する

カメラビューの視点を3Dビューの視点と同じように操作することができます。

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「n」でプロパティウィンドウを開きます。

3.カメラビューを表示して、「View」エリアにある「Lock Camera to View」にチェックを入れます。

4.この状態で3Dビューの視点と同じ操作を行うと、カメラビューの視点が移動します。

以上でカメラビューの視点を3Dビューの視点と同じように操作できるようになります。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

Camera View - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/navigate/camera_view.html

Blenderの3Dビューでクリッピング

0 件のコメント :
Blenderの3Dビューでクリッピングして表示することができます。

3Dビューでクリッピングする

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「alt + b」でクリッピングボーダーを表示します。
あるいはヘッダーメニューの「View」->「Clipping Border」を選択。

3.クリッピングボーダーが表示されたら、クリッピングしたいエリアをドラッグで指定します。

4.ドラッグを終了すると、指定したエリアをクリッピングします。

以上で指定したエリアをクリッピングできます。
表示を戻したい場合は再度ショートカットキー「alt + b」を押下します。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

3D View - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/navigate/3d_view.html

Blenderの3Dビューを四分割で表示

0 件のコメント :
Blenderの3Dビューは四分割で表示することができます。

3Dビューを四分割で表示にする

1.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

2.ショートカットキー「control + alt + q」で四分割表示になります。
あるいはヘッダーメニューの「View」->「Toggle Quad View」を選択。

以上で3Dビューを四分割で表示することができます。
表示を戻したい場合は再度ショートカットキー「control + alt + q」を押下します。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

3D View - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/navigate/3d_view.html

Blenderの3Dビューで選択オブジェクト以外を非表示にする

0 件のコメント :
Blenderの3Dビューをローカルビューに変更すると、選択したオブジェクト以外を非表示にすることができます。

選択したオブジェクト以外を非表示にする

1.表示しておきたいオブジェクトを選択します。

2.マウスカーソルを3Dビューの上に置きます。

3.ショートカットキー「テンキーの「/」」でローカルビューに切り替わり、選択したオブジェクト以外は非表示になります。
あるいはヘッダーメニューの「View」->「View Global/Local」を選択。

以上で選択したオブジェクト以外を非表示にできます。
表示を戻したい場合はローカルビューで再度ショートカットキー「テンキーの「/」」を押下します。


環境

macOS Sierra
Blender 2.78

参考URL

3D View - Blender Manual
https://www.blender.org/manual/editors/3dview/navigate/3d_view.html